前に進むための場所

過去の掘り起こしを未来に繋げる

介護職員初任者研修(講座受講10回目)

講座、実習内容が卒業試験へ向けてのロールプレイ段階に入って来た。 移乗、移動。 麻痺を患う方への介助。 ベッドから起きて、(座位から端坐位へ)態勢を保持し立位して貰い車椅子へ移乗するなど。シチュエーションは勿論様々だ。 加えて移動の介助も始ま…

GWはゴールデンウイーク特集

今週のお題「懐かしいもの」 子供の頃、小学生の時期だけ野球少年だった。 近所で遊ぶ相手、年齢が1個上、2個上が多かったからか。 住まう地区には日本ハムの工場に勤める父母を持つ家族が沢山居たからか。 通う、小学校には軟式野球のスポーツ少年団があっ…

介護職員初任者研修(講座受講9回目)

前回から実技が始まり、9回目の講座へ。 教室に到着するなり私より早めに来ていた同講座を受講している生徒達は既にベッドメイキングを始めていた。私もなんだかんだいつもより早めに到着していたことに改めて自分自身で理解する。 適当に受講前の準備を済ま…

ラジオはプライベート空間、聴く側のパーソナルスペース

今週のお題「ラジオ」 AM、FMの違いもなんだかよくわかっていなかった。 子供の頃の最初の感情は 「TVがあるのに、なぜ?ラジオを聞くのだろう…」 だった。 夏の日、大きい雷が鳴る日が来ると一時的に停電が起きた。停電になれば部屋の電気は消え、頼みの綱…

介護職員初任者研修(講座受講8回目)

受講8回目、この回から講座は実技、実習にはいる。 出席後、ある程度すると前回に提出した2枚目のレポートが採点された状態で各自に戻された。私も講座に慣れたのか、レポートにも慣れたのか提出1枚目のレポートよりもミスがなく不安はない面持ちだった。 採…

後回しにすること良かれとした過去

今週のお題「名作」 何が狙いであったのか。不明であることは確かだ。「名作」と聞こえた作品。聞こえてきた物を直ぐに手にし観たり、読んだりすることを避ける性格。人が集まる、注目する物をその時、その瞬間に皆と同じように後を追うことが格好悪いと思っ…

介護職員初任者研修(講座受講7回目)

座学もあっという間に7回目を迎えた。この日はレポート2枚目の提出日でもあった。私は意外と早め早めで手をつけていたので特に焦りはなく採点を待つばかりといったところだ。 次週からは実習にはいるが4月に入り1週間を経過する時間の体感が増してきてい…

自分で決めてきた現実と対比する心【高校生のためのアドラー心理学入門 岸見一郎 訳】

「そうなんだよな……」 と頷く。 繰り返す納得。 綺麗に読み進められる文章。 書かれていることに続く 「yes」 へそ曲がりか、天邪鬼か読書に時間を割かない過去は外国の物を日本人が訳したような代物たちを色眼鏡でみていた。 「解釈は違っているんじゃない…

介護職員初任者研修(講座受講6回目)

6回目の講座担当、講師は開始数分から自分には合わない様な雰囲気が強かった。テンポ、声のトーン、フィーリングか…。なんだかそんな気がしていた。しかし、約8時間程の講座が終了すればそんなことはなかったと思わせるのは講師の経験値の高さなのだろうか…

距離

職場に向かう、職場の駐車場に入る前にひとつ交差点を、信号機を右折する。 今日はその信号機が丁度赤で足止めをくった。 その交差点、左側からグレー色の服を着た母親とみられる女性が足早に右側に渡って行った。その母親とみられる女性に少し、もう少し距…

介護職員初任者研修(講座受講5回目)

「エプロン着けていきましょう~」 から始まった5回目の講座。 実技実習が始まるまで、この日を入れてあと3回程座学の講座がある。 実習用に用意した各自持つエプロンを持参はしているが、纏ってはいなかった。 見かねた講師が声を掛け各自エプロンを纏う…

今季の月10ドラマ第一話を観た【アンメット ある脳外科医の日記】

やはりあの時観た役の印象が強く残っている。2016年に出演の映画「湯を沸かすほどの熱い愛」この作品で娘役、いじめられっ子役を演じていた杉咲花。いじめに立ち向かったシーンはとても強く記憶に残った。そして、今回このドラマ【アンメット】では主役を演…

日曜劇場 アンチヒーロー Episode2に期待

なんとなく再生して、止めて、消して。 そんなこと繰り返して、結局最後まで観ていない作品も多い。 今季放送開始のドラマ「アンチヒーロー」 なんとなく観て、最後まで辿り着けた。 Episode1 キャスト陣で気になったのは 野村萬斎 緒方直人 2人の役所が明か…

思いもよらぬ危険性【老健のランチ「三色丼」】

老健、*1ランチタイムでの出来事。 利用者さんへのお昼ごはんの提供は学校の給食のようなスタイルで配膳される。 トレイにご飯物、汁物がメインであり、おかずとして肉魚料理、漬物、サラダなどの構成で皿が並ぶ。 その日のメインは「三色丼」だった。 そぼ…

爪切り下手は気になる【魔法のつめけずり】切らないつめきり

「爪が美しく整ったわ。」 なんて仕上がったことはなく。あまり努力もしない。 が気になる。 爪は切る。 伸びる。 放置は出来ない。 自分で爪を切るようになってから成功した試しはない。 正解は自分にしかわからないが、 成功した気がしない。 高級な爪切り…

介護職員初任者研修(講座受講4回目)

医療ケアに関する回、2回目。 のっけから…… 【生命維持→脳と脊髄→中枢神経】 「ここテスト出ますよ~っ」 激しい。 【記憶=海馬】 「……ですよ~っ」 激しい。 今回も専門用語、漢字の連続です。図解で解説を受けるも頭には入らない。 繰り返すしかない。脳…

掃いても、拭いても、吸っても、その時だけ

中くらい、小さめの掃除機が適切か 先端、吸引する筒状は湾曲で 柔軟な先端があれば尚 窓のサッシの汚れが気になる 12ヶ月 気分よく終えても 直ぐに繰り返される きれいにしたい場所 終わりがあるならば 是非、有料でも 情報提供頂きたい 未だ そんな素敵な…

若手俳優の顔と名前を一致させる為に観た気もしないでもない|映画【東京リベンジャーズ】

原作の漫画をyoutubeショートでちらちら、なんとなく見ていたので作品の存在は知っていた。その衣装を纏った女子達がBGMに合わせて登場するTikTokがyoutubeショートで流れてきたので被弾したように視界に入っていた。現在はそれらが流れてくることがないのの…

介護職員初任者研修(講座受講3回目)

3回目の講師は元看護師の方だった。現在は講師をメインとして従事しているらしい。元看護師の方が担当する講座ということは時間が経過してから気づいたが当然に内容は医療に関することに重点が置かれた。 主とされたのは認知症。 しかし、医療従事者でもな…

Fukaseさん小柄で、巧かった|映画【キャラクター】

漫画家アシスタントの傍らで漫画家デビューを夢見る主人公。描く絵は絶賛されるも自分のオリジナル作品に登場させる突出したキャラクターを創作することができない。デビューできない日々、通りすがり殺人事件に関わった事でこれまでと一遍する。殺人事件と…

事件を知るのに読んだが、事件を担当する人達に疑問を持つとは思わなかった|読書【東電OL症候群】

ある著者のエッセイ集を読んでいた時【東電OL事件】というフレーズが文章にあり、そこでそのエッセイ集を読み進めるのが止まった。そのフレーズが気になったからだ。読んでいた本を閉じ、ノートパソコンを開き【東電OL事件】を調べた。分かり易く、情報量も…

無知の知へ、触れた気にさせてくれた|ドキュメンタリー作品【三島由紀夫 VS 東大全共闘 50年目の真実】

マイアイテムに入れてから長らく時間が経過して観た。サムネイル画像のインパクト、強い印象が再生ボタンをクリックさせないようにする感じがした。 視聴して直ぐに理解出来たのは自分が勘違いしていたことを正してくれた。 「三島事件」*1と『東大全共闘』*…

結局その後はどうするんだろうと思うが、征服したことが完遂なのか|映画【ソルトバーン】Saltburn

パッとしない青年。大学に進学するが友人もおらず、光が当たる陽気なグループに憧れる。誰しもが一目を置く彼とひょんなことがきっかけで交流を深める。そして陽気なグループ、憧れる彼の元に加入できた青年。大学の長い夏休みは、彼と彼の家族が住む豪邸で…

介護職員初任者研修(講座受講2回目)

受講1回目のオリエンテーションで実習で使うエプロンの購入紹介があった。(商売は連動されているのは流石だ)当然、介護で使用するものを想定しなければいけない。100円ショップで良いかなとも思ったがそこは大人の対応であるべき。チラシ(エプロン)を見…

京都人ってこうなのかなと共感するシーンもある|映画【1秒先の彼】

真っすぐで誠実な彼は1秒早い人生。人よりも1秒先に動いてしまう。郵便局員に勤めている。恋もする。あまりうまくはいかない。今度は成功させようとデートに向かうが、翌日に起きるとデートの記憶は自分の中から消えている。記憶を辿ることで辿り着く女性の…

介護職員初任者研修(講座受講1回目)

応募していた講座(旧ホームヘルパー2級)の受講が開始された。どこで受けるかは支払う金額、通う場所を考慮して絞り込んで行った。予定として計画したものだが、待てない性格と先延ばしにすることは嫌いだ。明確ではないがマイナスに働くと考えた。1番早く…

写真としても映像美の蜷川実花監督作品|映画【ホリックxxxHOLiC】

「あやかし」が見えてしまう苦悩を持つ高校生。「あやかし」を巡り出会う人々の関り、境遇、祓うもの、憑かれるものと交わり自分が持つ特性の意味を理解しいく。思いとは裏腹に「あやかし」が消えることはない。失う現実を初めて受け止めて「あやかし」と対…

3人の俳優がメリハリをつけ、当事者の胸中を明るみにした|映画【最後の決闘裁判】

19世紀フランス、親友である2人のイギリス騎士。主人公カルージュ(マット=デイモン)は若き美しい妻と結婚する。意図にそぐわない部分が同時に起こり始める。男気を信念とする主人公とは対極に生きる親友ル・グリ(アダム=ドライバー)との間にひずみが生…

愚行録からの流れ、悪の芽を読んだ【著者:貫井徳郎】

原作:貫井徳郎の愚行録を映画で観たのがきっかけだ。BOOKOFFの棚で一冊、同著の小説を見つけた。タイトルは【悪の芽】。内容は想像できないが、映画愚行録に比例するようなイメージを持った。他にも買おうと左手に抱えていた古本二冊を元の棚に戻し【悪の芽…

彼女への解決は現実社会にあったのか|映画【市子】

物語の視点は同棲中の男性。彼が彼女といつもどおり食卓を囲んだ時、バッグから婚姻届けを彼女に向けた。彼女の過去は2つの要因が大きく影響している。現在も、未来にも。彼女の過去を追う彼。未来に進もうとする彼女とお互いの意思が錯乱していく。 「僕た…