前に進むための場所

過去の掘り起こしを未来に繋げる

UKロックと中学生

 当時中学3年生だった私、受験に打ち込めばよいものを部活も引退し宙ぶらりんだった。そんな中グッと引き寄せられてしまった音楽番組がある。「BEAT UK」だ。この番組は当時のロンドンの最新音楽ヒットチャートを”ミュージッククリップ”つきで放送していた。この”ミュージッククリップ”が曲者...これがなければ魅了されることはなかったかもしれない。とにかく私には物凄くカッコよく映った。とにかく録画した、とにかく見入った、繰り返し録画を見たり、しまいには気に入った場面を別のビデオテープにダビングし勝手に総集編を作成し楽しんだ。

 そんな星の数ほど存在するアーティストの中で衝撃を受けたバンドは「Oasis」そして何年経っても、正直いまでも名曲「Whatever」から受けた印象は色あせない。

 

 私のいた中学校では放送委員に依頼すれば給食の時間に好きなアーティストの曲を1曲だけ流して貰えることが出来た。それを知った私は興奮のあまりすぐさま同じクラスの放送委員に依頼した。「Oasis」を!「Whatever」を!なぜかみんなに聞いて欲しい!知って貰いたかった!私のリクエストが叶った日の給食が終わった後、周囲に軽く感想を求めたが期待するような反応は特になかった(笑)

 こんなことを共有できたのはただ1人、隣のクラスのSだけだ。不思議とSとは馬が合い休み時間はいつも何かを語る中だった。休日もお互いの家は近くもないのに遊んだくらいだ。このSは当時「ビートルズ」「ポールマッカートニー」の大ファンだったこともあり「Oasis」「Whatever」にも共感してくれた。周囲のリアクションは冷めていたがそんなことお構いなしでSと「Whatever」のミュージッククリップについて談義しヒートアップしていた。

 

 この時代「Oasis」の対抗馬的な存在に「Blur」がいた。私もかれらに惹かれるものもあったが「Oasis」から受ける熱量を超えることはなかった。Sは「Blur」のデーモン・A (Vo.)が大好きだった。休日のファッションもデーモンがミュージッククリップ中に着ている様な感じに仕上げていた。

  

 毎年、数多くのアーティストや曲が世に登場し目にするが「Oasis」から受けた様な衝撃は多分いまのところない。それを知った年齢が作用するのか、当時暇をもてあましていたから心に余裕があり過ぎて感化されたのか。不思議なものだ。

 

 確か数年後にSONYさんがVAIOのCMで「Whatever」を流していた。これを目にし、聞いた時は瞬時に鳥肌がたった。しかもなぜか私の眼は潤んでいた。いまではいろんなCMや場所で「Whatever」が流れる。インターネットで検索すればすぐに起用されたCMやミュージッククリップが見れる。いつでも手が届くようになると意外と触れなくなってしまっている自分がいるのも事実だ。見始めるとキリがない性分であるが故。

 

 こんなに気持ちや、思い出がある「Oasis」のライヴには1度も行ったことがない。田舎者の私にはライブのチケットを買ったり、ライヴ会場へ参加することがとてもハードルが高かったのかもしれない。

父との日本酒

父と交わすお酒はいつの間にか日本酒になった。年に数回一緒にお酒を飲むうちに、共有して楽しめる種類は日本酒だと理解できたからだ。

 

 昔の自分はお酒を口にすれば直ぐに顔が赤くなったり、身体にあわないのか呼吸が乱れたり、寝落ちしてしまっていたくらいお酒に弱かった。むしろお酒の飲み方とかマナーみたいなのがわからなかった。

 小さいころから側で父の飲み方を見てきたからかもしれない。父はお酒が好きだ。未だに休肝日なんて健康診断の日が近づいた時くらいだ。だいたい飲むだけ呑んである程度酔いがまわれば横になり寝てしまう。

実家にある徳利と猪口、青が基調で涼し気

 自分も強くはないが飲むこと、呑みの席は好きだ。そこでしか得られない会話もある。お酒を知り始めた時なんてビールの味さえ理解出来なかったのに。飲み始めた頃のビールの感想はお約束の「!?なんでこんな苦いものが美味しいのか??」だった。

 

 今年の父の誕生日に一緒に飲む日本酒は茨城県にある来福酒造さんの品にした。たまたま知人と日本酒の話で盛り上がっていた時にお勧めにあがった銘柄。あまり地元でも気軽に手に入らず、特定の酒屋さんでしか買えない銘柄らしく今まで私も手に取ったことはなかった。...タイミングなのかフラッと立ち寄ったコンビニ セブンイレブンの棚に「来福」の小さい瓶が置いてあった。これはビックリ!この店舗の仕入れ担当の方に感謝。

はじめて手に取る銘柄は決まってこのサイズ

raifuku.co.jp

  お酒は多くを常温で飲んだりするが、父と飲むのも決まっていたので冷蔵庫で冷やしておいた。味の感想はあまり上手いことは言えないが「口当たりが軽く、とろりとしている印象で厚みがある」父は「甘味が強いね」と言っていた。

 日本酒を飲みなれていない方も楽しんで頂ける飲み口だと思う。

 

 過去の私の日本酒のラインナップは少し偏っているかもしれない。近年は「来福」と同じく茨城県の酒造が作る古河市、青木酒造さんの「御慶事」この銘柄を口にしたときはとても驚いた。こんなに自分の好みにあう銘柄もあるもんだと。ソムリエみたいな表現は出来ませんが、お世話になった方に向けた贈答用にも利用させて貰ってます。

 銘柄選びに困った時にササっと手に取る品は決まって2つ「八海山」か「上善如水」どちらも新潟のお酒です。

 話がとんでしまいますがコロナも落ち着いてきていて??旅行サービスなども動きだしましたね。機会があれば八海山が運営されている施設「魚沼の里」へ是非、訪れてみたいです。

 

タイタニックとカクテル

 映画「タイタニック」はディカプリオさんとK・ウィンスレットさんが主演のロマンス災害映画であり、多分観てはいなくても知っている人は多いだろう。1997年の作品。

 カクテル「ジャックローズ」は以下の材料をシェーカーで仕上げたショートカクテル

どのグラスを使うかは人それぞれ、見た目はこんな感じです。

 住宅街の中にあるBARの日常の客層では比較的周辺にお住いの方たちが出入りしている。しかし金曜日の夜だけは意外と新規のお客様やいつも来店しないであろう遠方の方も多く飛び入りする。(※あくまでも個人的な見解です)

 その日は意外と早い時間からカウンターもテーブル席も埋まっていたんだと記憶している。いつもは見慣れないおひとり様がカウンターの真ん中の方に座っていた。その方が注文する際に...

「マスター、 タイタニック くれる!!」と笑顔で注文した。

ある程度、一般的にオーダーされるであろうカクテルは網羅していたつもりだが...その時は全くピンと来なかった。むしろどちらかの有名なBARのオリジナルカクテルではないでしょうか...なんて言葉を返してしまったくらいだ。

 そんな瞬間的なやり取りをした後にその方は満面の笑みで

「知らないの!マスター!タイタニック

 ジャック(はヒーロー) と ローズ(はヒロイン) でしょう!

 だから Jack Rose cocktail 頂戴~!!」

まぁ謎はとけたというか...そういう話だったかと。一瞬沈黙が走った気もしたが

「勉強になりましたぁ」と返し、アシスタントの子も交えて落着した感じ。

本当に飲み手のほうが日々いろんな事考えているなぁと頭下がりましたね。

 

 後で調べてみるとリキュールベース(グレープフルーツリキュール)で作られたタイタニック カクテルが世にはしっかり存在しているので私の勉強不足でもありますね。ただ、お客様の狙い通りのやりとりは出来たから御の字ですかね。

リクエストされたBGM

「蘇州夜曲」数々の著名な歌手がカバーしてきている1940年代から存在する歌謡曲
これを最近ググると、夏川りみさんが検索上位に。夏川りみさんが歌った後もカバーされてはいるが…

 

 当時まかされていたBARでのBGMはジャンルは問わず選んでいた。そんな中に医師でありシンガーソングライターのアン・サリーさんのアルバムを気に入ってよく流していたのを思い出した。きっかけや、どこから得てきた情報かは忘れてしまったが...

 アン・サリーさんが歌う「蘇州夜曲」は常連さん達によく響いたのか、いろんな方からリクエストがあった。

 

 常連さんのひとりである、慶応ボーイを語る超個性派のTさんなんて「蘇州夜曲」と自分の好きなお酒を注文し、その1曲が流れる時間だけ自分の中に入り込み、曲が終わるのと同時に自身の酒も飲み終えてお店を後にした。

 

 自分の好みで聞きたくて流していたのもあるが、空間と音楽が人に与える影響はやはり特別だなと思います。

マッチしたのでお茶してきた

 きっかけは1ヶ月間限定で何気なくはじめたマッチングアプリ「P」

都内近郊ではある程度近距離の方と早い段階でマッチングが可能かもしれないが、地方ではそうはいかない。だから自分が想定する近距離の方とマッチング出来るのはとても嬉しい。今日はそのマッチできた方とお茶をすることになった。

 

 私はこの方に早い段階で好印象を抱いていた。LINE交換もすんなりしていたし、会話のテンポも自分のペースとあっていた。今日、実際に会いお茶をするまでのやり取りの中でもお相手からお誘いがあったこと。

+αに「お互いはじめてお会いするので短時間でお茶でも如何ですか?」

※この短時間で...は私にとっては大きなポイントである。いつも初めて会う場合に時間も、場所も、そして解散のタイミングも委ねられてきた上に相手が受け身なことが多く、提案されたことが稀であるため新鮮だった。

 

 今日の予定は

・カフェでお茶

・私が早起きなのでカフェが開く午前9時待ち合わせ(人が少ない時間帯)

・滞在は短時間

この理由はお相手が医療従事者だということがわかり深く理解できた。自分の中では勝手にコロナ対策、感染防止の意識はいつのまにか薄らいでいたのは事実だ。

 

お相手は医療従事者の為、現在も

・県外行動不可

・喚起されていない場所へは可能な限り出入りしない

・食事中会話はしない

・相手とある程度距離を取る

 

だからカフェでお互い注文した食事があったが、それを食べながらの会話はせず。食事を完食してからマスクで口元を覆い会話をした。この間、正直不思議な雰囲気でもあった。

私はうまくタイミングが計れず食後にコーヒーを口にすることが出来なかった(笑)

 お相手は2時間くらいの滞在、11時には解散予定としていたみたいだ。ちょうどその頃店内もお昼時の人たちが増えてきていたこともありカフェを出た。

 軽く挨拶をかわし本日は解散。

 

 現在、独身の私は家族以外とプライベートでコミュニケーションをとる事が激減しているので良い時間だった。お相手のコロナ対策、感染防止のルールは大変だけどまた一緒に時間を過ごしたいと思いました。

 

 

本棚は衣装ケース


今週のお題「本棚の中身」

 実家を出てから本棚を購入した記憶が無い。必要なかったのか…

または本を買い、読み終われば直ぐにBookOffへ買い取りへ出してしまっていたからなのか。いつのまにか楽天で購入したクリアの衣装ケースが本を入れる場所になってしまっている。意外と運ぶ時も収納するときも便利ではある。

 

 さて、本棚の中身とは…

忙しいことを理由にして長年本を読んでなかった自分に改めて読書、本を購入させてくれるきっかけになったのは

トマ・ピケティ「21世紀の資本」初版2013年頃

この本がとても話題になっており勉強の為に買ったが、その時の自分には難易度が高すぎて読み切れていない。また挑戦したい1冊ではある。

ここからFACT FULNESS(ファクトフルネス)とか読み始め、経済や金融の本を漁りだした。

 

 リアルタイムでは英文法の学び直しの為に購入した

「一億人の英文法」ですね。SNSで英語の勉強方を発信している方たちが文法の大切さを日々強く書かれていることがよく理解できる本だと思います。

 

 もう1冊は並行して読み進めているメイプル超合金 安藤なつさんの

「知っトク介護 弱った親と自分を守る お金とおトクなサービス」

これは自分も親もある程度の年齢に来てしまった現実を受け入れ、このまま知識ゼロで日々過ごすわけにはいかない気持ちのあらわれである。

 

 本棚の中身は十人十色でしょうが、読書が与えてくれる効果は本当に素晴らしいと思います。

衝動的過ぎる

1. 衝動的とは

「衝動を感じてそれをそのまま行動にうつしてしまうさま」
2. 思い立ったが吉日

「なにかしようと決意したら、そう思った日を吉日としてすぐ取りかかるのが良いという意味」

 この2つから離れることが出来ずにここまできた。

 

 自分が過ごしてきた時間の中で「思い立ったが吉日」と思い行動して最良だったことはない。それ故に学んだことは行動にうつす前に誰かに相談したり、ゆっくり時間をかけて精査してから動くべきだろう。

 

 幾度となく、なんでそんな行動をとったのか自分でも理解は出来ていない時は多い。
少し考えれば周囲に迷惑をかける事がない振舞い方は当たり前にあったはず。なぜその時はそうしてしまったのか。

 

 当時、私は12歳に満たないくらいだったと思う。この頃夕方17時~18時くらいの時間帯にテレビ東京では「キャプテン翼」が放送されていた。私はこれを横になりながら観ていた。そのアニメのエンディングテーマが流れ終わりに近づくと観ていたアニメに感化され、自宅の前でサッカーボールを蹴り壁にぶつけて遊んでいた。そして身体が温まってくると何故かマラソン?ランニングをしようと頭が切り替わった。
 体力をつける為なのか、本人さえ真意は未だに不明だ。

 

 夕飯の準備をしている母に「少し走ってくる」と一声かけ家を出る。マラソンみたいな事はたまにしていたから、その日も母は特に疑問を持たなかった。私はいつも走るコースがあって自宅から1kmくらいを適当にグルグル周回していた。

 30分ぐらい走った頃に急に頭の中に「S君の家へ遊びに行こう」と思い立つ。自宅へは戻らず、母にも告げず…
走っていた場所から突然S君の家へ向かう。S君の家は自宅の前にプレハブがあり、そこがS君の部屋だった。プレハブの1人部屋だったからこそ時間なんて気にも留めずに行くことが出来たのかもしれない。
 そんな時間から友達が遊びに来ることに疑問がうまれなかったのはS君の親は片親で、その時間は未だ仕事から帰ってきていなかった事もある。小学生が友達の家に遊びに行く理由なんてTVゲーム、ファミコンぐらいしかない。
そのまま夕飯の時間なんて完全に忘れ友達とゲームに没頭する。あっという間に2~3時間は過ぎてしまっただろう。

 

 突然にプレハブのドアがノックされ空いた。母だった。当然そのまま手を引かれ一緒に迎えに来ていた父の車へ乗せられ家へ帰る。
玄関の中へ父と母と私3人が入り終わるや否や、母は私の頭を何度も強く叩いた。
 今思えば夕飯前に運動してくると言って出た切り数時間も帰宅しないのだから何かあったと思うのが親の常だろう。母は私が誘拐でもされたかと思い警察へ連絡しようともしていたと言った。
 父と母にとても心配をかけたにもかかわらず当人はあまりなにも感じていなかった。

 

 両親が心配する所まで考えがおよばず衝動的にとってしまった行動。
何年経ってもこの出来事を思い出してしまう、勿論忘れるつもりもない。